やまな脳神経クリニック、伏見区、藤森駅、脳神経外科、リハビリテーション科やまな脳神経クリニック

W
E
B





MCIスクリーニング(認知症リスク検査)について

軽度認知機能障害(MCI)とは?

2025年、65歳以上の高齢者のうち認知症は約700万人(5人に1人)に増加すると予測されています。

 

 

*大切なのは発症後の治療ではなく、発症前の予防です。

軽度認知機能障害(MCI)とは、健常者と認知症の中間の段階を示します。
日常生活に支障はありませんが、そのまま過ごすと約5年で半数以上が認知症に進行すると言われています。
最近の研究では、MCIの段階で適切な予防や治療を行えば、認知症の発症を防ぐことや遅らせることができるとわかっています。

 

 

認知症の中で最も多いアルツハイマー型認知症は、発症する約20年前から主な原因物質であるアミロイドβペプチドが脳内に溜まり始め、認知機能が少しずつ低下していきます。

 

MCIスクリーニング検査について

アルツハイマー病はアミロイドβペプチドという老廃物が脳に蓄積し、神経細胞を破壊することで発症します。
MCIスクリーニング検査」は、アミロイドβペプチドを排除する機能を持つ血液中の3つのタンパク質(ApoA1、C3、TTR)の血中濃度を測定し、MCIのリスクを判定する血液検査です。

 

 

 

 

料金:MCIスクリーニング検査(自費) 22,000円(税込み)

採血が必要です。
*健康保険の適応外ですので、健康診断と同様に自費となります。

・・・その他検査についての詳細は、当院までお気軽にお問い合わせください。